梁川化石海獣パレオパラドキシア発見記 

     昭和57年夏、梁川の広瀬川で、1600万年前の大型動物化石が発見された!

化石 化石 
  昭和57年7月最初に発掘された骨化石(肋骨)        同じくその断面
化石 当時使った道具 タガネとハンマー

 昭和57年(1982)7月の土曜日、A氏は一人の小学生Bさんと梁川高校の崖下の広瀬川で貝の化石採りをしていた。なかなか良い化石が見つからず、そこから少しづつ上流へ移動して行った。高校の崖下から東南東へおよそ200mの付近で、A氏は広瀬川の川底に白っぽい骨化石らしきものが点在しているのを見つけた。水かさが15cmくらいあった。川底の岩が突き出て割りやすい部分にタガネを当てハンマーで割り落とした。砕けた小粒の岩クズは水流に流されたが、両手を広げたくらいの大きさの岩を一個手にすることができた。岩の断面を見ると直径2~3cmほどの太さの骨化石の断面が見えた。骨化石が平行に二本入っていた。魚の骨かも、と一瞬感じた。良く見ると、川底の岩に白く見えた側は水流などで平滑に削られていた。魚にしてはかなり大型の魚と気づいた。広瀬川流域で採れる化石は殆どが貝化石なので、身体が震えるほど興奮した。A氏は以前誰かがサメの歯の化石を採集したらしいことを耳にしていたが、サメ本体の化石はまだ出ていなかった。そのことを考えただけで、さらに興奮は高まった。川底の巨大な岩盤に白い骨の化石と思しきものがたくさん散らばっていた。まだまだ埋まっていると直感した。これは大発見だ。

化石 昭和57年7月謎の動物化石が発見された場所

 それから、A氏は一人住まいの家に戻ったが、興奮は鎮まらなかった。その嬉しさを享受できる友人もいなかった。ひとり喜びを噛みしめた。数日後くらいに、役場教育委員会の文化財保護担当のC氏へおおよそのことを話し、価値のある大きな化石だから町で調査し発掘してもらえたらありがたい、などと言ったが、関心は示さなかった。C氏はA氏の上司で、A氏より数歳年上だった。
 A氏は57年6月から日雇いで頼まれて町史編纂室で郷土史の編集の仕事をしていた。日々雇用ともいい、雇用期間が一日だけという非常に不安定な雇用だった。明日から来なくていいと言われればそれで終わりだった。謎の大型動物(サメ?)の化石を発見発掘したのはその雇用に就いてから間もなくの昭和57年7月のことだった。

本 A氏が発刊した本に急遽掲載した化石の記事(昭和57年9月刊)


 不思議!、二年後の昭和59年夏に、同じ人がまた再発見の奇跡

 不思議なことに、その最初の発見発掘の2年後に、驚くべきことが起こった。昭和59年(1984)8月の或る日、文化財保護担当のC氏から編纂室のA氏に電話があった。教育長D氏の教え子E氏が広瀬川に親子で化石採りに来ていて、木の化石らしきものがあったので、見て欲しいとのことで、これから現場へ行くから、君も来てくれないかという。C氏は化石に明るくないから、誘ったのだった。同僚のF氏も連れて行くという。今年は川が干上がっているそうだともいう。このところ忙しくてA氏は広瀬川へ行ってなかった。「行きます」と返事をして、A氏は一昨年骨化石を採った場所がどうなっているのか、大いに気になった。C氏とF氏は車で一緒にいくから、現地で落ちあうことになった。
 A氏が広瀬川の現地に行ってみると、水はわずかで、岩盤が丸出しの状態。水は岩と岩との間の割れ目の低い場所を流れているだけだった。まもなく、木の化石と思しきものは幾本か見つかった。A氏は二年前の骨化石を発掘した場所へC氏とF氏より先に行き、二年前よりも大きな骨がモロに剥き出しになっていたのを見てびっくりした。すぐに二人を呼び寄せ、二年前の経緯を話して聞かせた。二人も大きな剥きだしの骨化石に相当驚いた感があった。
 地層や化石の権威である福島大学の鈴木教授に連絡して来ていただいて、鑑定がなされた。腰部や脚部の骨化石が見えることで、すぐに大型の哺乳類動物であることが判明した。現地視察の結果、建設省の許可をもらって、全面発掘して作業所へ運び、そこでクリーニングをする方向となった。マスコミにも公表されると、現場は記者たちで溢れた。数日は新聞とテレビは連日のように報道した。

化石 
  昭和59年8月干上がった川底に現れた謎の大型動物化石の産状
    矢印は昭和57年7月に最初に発掘された部分の位置

 すぐに梁川町が全体発掘を決意。町史編纂室の中庭へ運搬し、骨化石を顕にしていくクリーニング作業などが始まった。福島大学の鈴木教授と横浜国立大学の化石鑑定の権威長谷川教授がときどき見えて指導監督した。数ヵ月後、渦巻き文様の歯が数本束になったような特殊な歯化石が数個現れると、この動物は浅い海に棲む四足の海獣パレオパラドキシアと判明した。梁川標本は骨がほぼ完全に近く揃っており、それは世界でも数例あるのみの貴重な標本であるという。マスコミが大きく報道した。水陸両用の動物で、体形はカバやウシに似ているらしい。およそ1600万年前に棲息していたといい、いずれにしてもいわき市のクビナガ龍を除けば県内では最大級の大型化石であり、たいへん珍しい動物であるという。

 無念!! 閉ざされてしまった、第一発見者の栄誉・・・

   誤った情報がマスコミへ流されたか・・・?
     残念ながら二年前の発見のことは報道されなかった。

 こういう場合、どう考えたって、この大型動物化石の発見者はA氏であろう。二年前にもA氏が発見した。しかもこれは勤務中ではない。2年後の大発見もA氏が最初に発見している。ただしこれは勤務中であるから、少し譲ったとして第一発見者はA氏C氏F氏の三人であろうと思う。
 マスコミ発表は二年前の昭和57年のA氏の発見に触れたものはなかった。マスコミ報道は、特に新聞報道は昭和59年の発見についてのみ触れ、A氏の発見としたものと、A氏C氏F氏の三人の発見としたものがあった。まるで報道協定がなされたかのようだった。こういうことになったのは記者たちの能力もさることながら、マスコミ発表をC氏が任されていたからであろう。
 A氏は大いに不満だったが、日雇いに雇われたばかりで、立場上何も言えなかった。そのうち正職員にしてやるからな、という陰の声も気になり、三十歳代のA氏は耐え忍ぶか、職場を去るか、迷いに迷った。

化石フィギュア フィギュア 想像のパレオパラドキシア
 結局、大発掘から二年後の昭和61年(1986)に、梁川産パレオパラドキシア化石標本は梁川町から会津の福島県立博物館へ寄贈された。ほぼ同時期に、A氏が最初に発掘した骨化石はクリーニングをしないままの岩石の状態で、県立博物館へ寄贈された。その理由は二つある。一つは、A氏が二年前の昭和57年に発見発掘した事実を公的機関に保存記録してもらいたいためである。もう一つは同じ一体の動物であるから、同じ機関施設へ収蔵してほしかったからであった。
 A氏は居づらくなって、町史編纂室を二年ほどで辞めた。

 何故、町教委は発見者A氏の名誉を奪ったか・・・・・。いくつかその理由が考えられるが、一つは最初の発見の昭和57年の事実を認めれば、化石の所有権がA氏に帰属してしまい、A氏の承諾なしには町教委が勝手にしゃしゃり出てきて発掘できないからであろう。もちろんA氏は町教委に発掘してもらいたい気持であったが・・・。
 それにしても、梁川産パレオパラドキシア化石はあまり活用されていない。もっともっと子どもたちの教育に活用してほしいと思う。

 貴重な発見がつまらない人間たちの行為によって汚されてしまったのは非常に残念である。

 A氏の第一発見者としての名誉は長い間回復されなかったが、16年後、化石寄贈先の福島県立博物館によって、若干ではあるが、ようやく回復された。平成12年(2000)7月~9月、福島県立博物館で企画展「海獣パレオパラドキシア」が開催され、大きな脚光を浴びたのである。同時に作成された「展示図録」には昭和57年7月にA氏が最初に発見した経緯と、昭和59年8月の再発見にもA氏が第一発見者の一人だったことが紹介されている。梁川化石海獣パレオパラドキシアに関しての詳細が報告されているのは言うまでもない。いずれの写真も見事で、解説もわかりやすい。同館には復元されたパレオパラドキシアの骨格模型が常設展示されている。

 おどろき! 梁川層の化石は江戸時代から知られていた!

   広瀬川から出る化石が含まれる地層は地質学の世界では「梁川層」と呼ばれている。その厚さは数十メートルもあるとされている。その地質年代は1500万年前~1600万年前と言われている。こんなことが分かったのは現代になってからのことだが、実はすでに江戸時代の中期の宝暦11年(1761)に梁川の人が日常会話の中で、「梁川古城の下、其の石巖、皆蛤蜊の化する所なり」と言っていた事実が判明している(西遊紀行)。淡水に棲むシジミ貝でなく、浅い海に棲むハマグリとアサリなどの貝化石が、梁川の広瀬川の地層岩盤に出ることを、つまり海でない梁川に海の貝化石が出ていることを知っていたのである。どのくらい古い時代なのかは想定されてはいないが、驚くべきことである。

 堰本小学校造成でも大量の化石が出土、しかし捨てられた・・・? ? ?

   

以下は昭和57年梁川町堰本小学校の裏山を削って造成したときの地層と出土化石。貝化石はたくさん出土した。時代は同じ梁川層の1600万年前。化石を含んだ岩石はほとんど価値が見出されないまま、公園造成地の山の谷の埋土として運ばれていった。捨てられたに等しい。その上には厚く壌土が被せられ、木々が植えられてしまった。もし、これらの化石をいっぱい含んだ岩石がどこかの空き地に保存されていたら、小中学生たちは何十年にもわたってすばらしい理科(化石)の勉強が出来たろうと思われる。町教育委員会はそれらを廃棄してしまったと言っていい。もったいない話である。
 脊椎の骨化石は梁川の広瀬川で出たパレオパラドキシアの脊椎よりやや大きい感じがする。新種の大型の哺乳類の可能性もある。木の幹の化石は直径13cm弱の丸太状で、樹種は分からない。どちらも保存状態はきわめていいが、現在所在不明となっている。まことに残念である。

化石 化石 
    昭和57年堰本小学校裏山造成中にたくさんの化石が出た地層。

化石 脊椎動物の脊椎骨化石か。新種の可能性も・・・。

化石 木化石

化石 貝化石


 ※参考 : 「阿武隈川の埋もれ木」松浦丹次郎著(2009年11月刊 土龍舎) 
     「企画展 海獣パレオパラドキシア」福島県立博物館編著(2000年7月刊)

 ●ご質問がおありの方は「伊達の香りを楽しむ会」へご連絡願います。
       Eメール datenokaori@outlook.jp  
       TEL 080-3142-0993
   

inserted by FC2 system