史跡名勝「霊山」(りょうぜん) 
    山上の大寺院霊山寺と南朝方の拠点霊山城

霊山(国指定史跡名勝)  福島県伊達市霊山町大字石田・大石地区、相馬市玉野

その歴史と魅力

 美しい紅葉で知られる霊山。透き通った紅葉色が、切り立った凝灰角礫岩の黒褐色のごつごつした岩肌によく映えて、ただただ見とれてしまう。仙人が住むような世界を感じさせる。標高850m。このくらいの低い山でも、どんな高所の山の紅葉にも負けないから、不思議である。日本一と言っても過言ではない。新緑の季節も同様である。秀峰という名に相応しい。
 「霊山寺縁起」によれば、山上にはかつて慈覚大師が開山したという霊山寺があった。三千六百坊を擁していたともいうから、大伽藍であった。南奥州の天台密教の中心であったと考えられる。今は山上の処々に大きな建物の礎石が群をなして残り、当時の名残りを留めている。後醍醐天皇の皇子義良親王(陸奥国大守、後の後村上天皇)、北畠顕家(鎮守府将軍)らは建武4年(1337)1月8日国府多賀城を棄て、霊山寺(霊山城)に移った。ここに霊山城は南朝奥州政府の重要な基地(国府)となった。しかし霊山城は貞和3年(1347)8月ころに落城、霊山寺の建物群も全焼したといわれる。昭和9年5月1日、国史跡名勝に指定。

国司館 霊山館跡
伝国司館跡に残る礎石列    伝霊山城跡に残る片付けられた礎石集
霊山城之碑   義良親王霊山在御蹟碑
   霊山城之碑 明治21年   義良親王霊山在御蹟碑 明治22年
風景写真 風景写真

風景写真
        国司沢、護摩壇、紫明峰などの秋景

 毎年10月下旬からたくさんの登山客で賑わう。登山道は押すな押すなの盛況となる。屹立する岩の背腹を縫うように歩く爽快感は他の山では味わえない。新緑のころの登山もとても気持ちがいい。2時間から3時間あれば、十分に山上の歴史と景色を満喫して下りてこれる。トイレは登山口に一箇所、山上に一箇所ある。飲み水が湧き出ている箇所もあるが、安全は保証できない。水筒持参が望ましい。

風景写真
   蟻の戸渡付近の紅葉  中央の沢谷は左方へ行くと、二つ岩、旧霊山寺跡に出る。
風景写真

風景写真
   旧霊山寺 寺屋敷跡   山奥にひっそりと寺堂の礎石が並ぶ

霊山寺の四遷と宮脇遺跡・梁川東昌寺遺跡

 第一期は慈覚大師が山上の古霊山地区に創始した時期。ここには寺跡の痕跡もない。弘法大師空海が創建したという資料もある(弘法大師行状之記)。
 第二期は永観年中に尊海大僧正が霊山寺を古霊山から山上の霊山地区に移してから室町期までの時期。寺院の礎石跡が数十箇所に点在して残存している。長期間であるが、前期の黄金期・後期の激動期の二つに分けることができよう。前期は平泉中尊寺クラスの一大寺院であったらしく、三千六百坊を擁したという。南北朝期に全山炎上した後の応永8年と明応9年に伊達氏が山上の霊山寺を再興している。
 永禄5年、伊達氏が大石村の麓に二ノ宮を再興している。これが第三期。山上から麓に下りて来たことに注目したい。また天正12年に霊山寺を二ノ宮と同じ場所に再興している。しかし文禄年間に蒲生家臣岡左内が山上の霊山寺一山を破壊したので、住僧・禰宜らは仙台へ逃れ、仏像や巻物は行方知れずとなったという。山上の大宮だけは残っていたが、慶長年間に野火で焼失した。
 寛永年間、上杉家臣古川善兵衛は大石村の百姓たちを強引に天台宗から一向宗へ改宗させたので、霊山寺僧らは天海大僧正へ直訴した。古川善兵衛は反省し、二ノ宮を再建したという。現在二ノ宮にある日吉神社の建物はこのときのものという。
 また寛永年間、保原村板谷半右衛門、鳥和田村観音寺、霊山寺僧、禰宜の四者が密かに霊山寺再興を日光の天海大僧正へ直訴したというが(上杉文書)、この二つの直訴は同一の出来事かもしれない。
 寛永17年3月、日光天海大僧正から上杉氏に霊山寺再興したい旨の手紙。上杉氏は自ら建立することを約す。寛永17年9月、天海大僧正の使者二名が米沢に来府。しかし実際には上杉氏が霊山寺を建立することはなかったようである。これら一連の動きは、地元有志たちが日光の天海大僧正に願い出て霊山寺が再興されたことを示している。
 後に、霊山寺だけは阿弥陀堂のある現在地へ移った。年不詳であるが、これが第四期である(以上、「霊山寺縁起」等による)。
 すなわち、ここ数年発掘調査が続いている「宮脇遺跡」は第三期の霊山寺の跡ということになる。たくさんの瓦片が出土しているが、発掘調査のはるか以前から寺の瓦が多数出土収集されており、霊山寺の旧寺跡として注目されていたのであった。梅宮茂氏や菅野家弘氏らの努力の賜物であろうと思う。お二人が集めた霊山寺軒瓦の一つが梁川の東昌寺出土軒瓦に文様一致したことが判明している(梁川城跡発掘調査報告書? 野崎準氏稿)。つまり霊山寺は伊達氏によって室町期に再建されたことがほぼ証明されたのであった。

南北朝時代の霊山寺と霊山城

 元弘3年(1333)暮れ、建武新政権下、新しい奥州政府開府のため後醍醐天皇の皇子義良親王が陸奥国司北畠顕家とともに多賀の国府へ下った。このとき伊達行朝は結城宗広入道とともに奥州府の式評定衆に名を連ねていた。しかし多賀城が危うくなると建武4年(1337)1月8日義良親王(陸奥国大守)、北畠顕家(鎮守府将軍)らは伊達郡霊山城に移った。同日付けで北畠顕家は霊山に着いたことを天皇に報告している。霊山寺の勢力と南朝の雄伊達行朝・結城宗広入道を頼ってのことであった。当時、霊山の山を境に西側の伊達郡が伊達氏の領、東側の宇多郡が白河結城氏の領となっていた。
  城 霊山城跡全景 825m

 建武3年の石田孫一着到状によれば、建武2年(1335)12月から石田孫一は霊山館で警護にあたっているから、多賀城着任時まもなくから霊山寺は南朝奥州政府の重要な基地として整備が開始されていた。有力な大将(広橋修理経広か)が在城していたと見ることができる。
 顕家らは京都の北朝を追い払うため、8月11日霊山城を離れ、再び大軍を率いて西上した。そして延元2年(1337)和泉国(石津境浦阿倍野)で戦死した。21歳であった。
 同年9月顕家の跡を継いだ弟北畠顕信ら奥羽南朝方の一行は北畠氏の故郷伊勢から船で奥州へ向かった。しかし嵐に遭い、伊達行朝・北畠親房らは常陸に流れ着いた。北畠顕信・結城宗広入道らは伊勢に吹き戻されたという。北畠親房らは小田城や伊佐城を中心に勢力を挽回しようとした。興国元年(1340)6月顕信らと合流した伊達行朝らは奥州へ向かった。
 合戦は全国的なものだったが、伊達郡内では霊山城や藤田城など各地で合戦が行われた。南朝と北朝で活躍した武将たちの軍忠状や着到状が残されている。霊山城の落城は貞和3年(1347)8月ころで、霊山寺の建物群は全焼したといわれる。林の中に当時の大伽藍を物語る多くの礎石が残されている。いま霊山神社に伝わる青磁の花盆と皿は中国龍泉窯の優品で、輸入されたもの。義良親王在城のころ使用された可能性がある。南北朝の合戦は最終的に北朝方の勝利に終わった。

濫觴の舞

 濫觴(らんじょう)の舞は幼い義良親王を慰めるため家臣たちが舞ったのが始まりという。また濫觴の舞は北畠顕家らが武運長久を山上の山王社(大宮)に祈願して舞ったのが始まりともいう。
 霊山城廃城後、村人たちは北畠氏や義良親王を偲び、山上の山王社(大宮、日吉神社)に舞を奉納してきたと考えられる。舞ってきたのは石田村の鈴嶽神社の氏子たちであった。山下の大石地区に二ノ宮山王社(日吉神社)が出来てからは、こちらに舞を奉納してきたとも考えられる。このことは江戸時代の日枝神社由書で確認できるが、奉納されてきた舞は石田地区の「濫觴の舞」であったようである。石田村の鈴嶽神社の宮司が長く大石村の山王社(日吉神社)の宮司職を兼務してきたこともそのことを考えさせる。
 明治14年に大石地区に北畠顕家らを祭神とする霊山神社が創建され、明治18年には別格官幣社となった。その後、霊山神社に濫觴武楽隊が組織され「濫觴の舞」が奉納されるようになったという。霊山神社に濫觴の舞を指導したのは石田地区内の小石田出身の方だったと伝えられている。
 二ヶ所に伝わる濫觴の舞はともに伊達市指定無形民俗文化財。
舞 舞
      石田地区鈴嶽神社の濫觴の舞

舞
      大石地区霊山神社の濫觴の舞

みちのく伊達の香りホームページ

inserted by FC2 system