福島テルサ4Fギャラリーでの展示は 終了しました。

   展示期間 平成26年5月8日〜13日。

      ご観覧ありがとうございました。

●阿武隈川の埋木細工展   埋木研究家  松浦丹次郎

まぼろしの銘木になりつつある「阿武隈川の埋もれ木」を使用した木工小品の展示です。埋もれ木は数千年川底に埋もれて熟成された木で、独特の光沢と木目があり、黒檀や紫檀に似たものもあります。かつて中世〜近世の時代に阿武隈川の埋もれ木製の文台・硯箱などが京都の公家衆や江戸の文人たちの羨望の品でした。埋もれ木の魅力にとり憑かれて二十年、いつの間にか作品が百五十点を超えました。今回が初めての個展です。現存しない昔の品々の復元品や現代風なものも作ってみました。失敗の繰返しばかりで満足のいく作品は少ないですが、文台・硯箱・硯屏・筆置・文箱・ペン皿・ペン立てなどの文房具類、茶入・茶杓・茶托・垂撥・短冊挟などの茶道具類、香入・香炉台・埋木灰などの香道具類のほか、燈台・菓子器・盆・花台・箸置・宝石箱・アクセサリーなど、およそ150点をご覧いただきます。
   平成26年5月8日   伊達市  松 浦 丹 次 郎 (あぶくま沈木会)     

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

 最初のお客さんは仙台市泉区のMさんでした。Mさんは仙台埋木細工のコレクターとして知られています。仙台埋木が載っている本も頂きました。感謝しています。お茶を差しあげるゆとりがないときで、申訳ありませんでした。
 「埋もれ木」を初めて見た方知った方がほとんどで、知名度が低いことを実感しました。しかし、皆さんが「埋もれ木」のもつ質感や優美さに「うっとり」されていたので、救われた気持です。(丹次郎)

展示風景

  展示風景 埋木細工展 香立て・茶入れなど
 

 

展示風景 文台・硯箱など
 

展示風景 アクセサリー・靴べらなど
 

作品の詳細は「ギャラリー熊龍」のページをご覧ください。「ギャラリー熊龍」
   

●水彩画の魅力展   水彩画家 一陽会会員 幕田今日子  

「一陽展」「福島県展」出品作などのほか最近作の「庭の花シリーズ」を展示します。水彩画を始めてから35年。その間、水彩画の巨匠春日部たすく先生の素晴らしい絵に出会って大きな影響を受けました。これまで細々と描き続けてきて、ようやく見えてきた水彩画の楽しさと魅力。ぜひ御高覧いただきたく思います。15点を展示します。 
        伊達市  幕田今日子

展示風景 
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

 ●お問合せは下記へ
       伊達の香りを楽しむ会

    Eメール doryusha@yahoo.co.jp   
       TEL 080-3142-0993
 

inserted by FC2 system