ふくしま伊達の昔話
       絵本『伊達の桃太郎』

 これまでにないストーリー、ちょっと変わった福島の桃太郎

   武器を持たないモモタロウ、キジ・サル・イヌと、鬼が島へ鬼退治

 300年前の昔話が古書の中に残っていた・・・、現代語に復原! 

「伊達の桃太郎」は今からおよそ三百年前に伊達郡保原地方で語られていた昔話です。この昔話「伊達の桃太郎」の原典は「紀桃奴事」(熊阪台州編著『含?紀事』所収、寛政4年(1792)刊)です。原典は全て漢文です。「紀桃奴事」は、当時この地方で語られていた昔話「桃太郎」を漢文表記にしたものです。
 一般に普及している「桃太郎話」では、桃太郎は桃の中から生まれ出ます。そして腰に刀を差した武者姿で鬼退治へ向かいます。しかし、「伊達の桃太郎」は、桃を食べたお爺さんとお婆さんが突然若返り、生まれた赤ん坊が桃太郎として成長していきます。そして鬼退治には武器を持たずに行きます。猿とキジと犬をお供にして鬼たちから財宝を奪って来るのは同じですが、「伊達の桃太郎」は特に気前よく、お供の猿たちにはキビ団子を5個6個ずつあげます。全国にある桃太郎昔話のなかで、伊達の桃太郎は日本一気前がいいのです。他に、鬼たちが海水を飲んで桃たろうたちの舟を引き寄せるシーンや「仙人」、「赤い色のしゃもじ」などが登場し、普及本にはない工夫が見られます。

 「伊達の桃太郎」は優しくて、気前がいい!

width= width=  width= 桃太郎
width= width= width=

福島の桃は美味しくて、若返りの効用があった!

 「伊達の桃」は、たいへん味が良く、この世のものとも思えないような、おいしい桃でした。また生命が若返る桃で、美人になれる桃だったようです。
 一方、桃太郎話が語られる背景として、桃が庶民に愛される果物として認知されている必要があります。柿や梨と同じように桃が身近な果物でないと、桃太郎話は成立しません。事実伊達地方の江戸時代の「農日記」「商日記」には春の花としてよく桜と桃の開花状況が記されています。当時の桃は花を観賞するのが中心のようですが、稀にすばらしく甘い実を生らせることもあり、食用としての桃の実も品種改良が進んでいったと見られます。幕末ころには桃の実の売買が行われていました。それまで庭木の一つであった桃は、明治後期になると、専用の桃畑が作られました。戦後、伊達の桃は、林檎、梨、柿、桜桃と並んで福島県を代表する果物になりました。詳しくは「伊達の桃 〜その歴史と桃太郎ばなし〜」(「川原町のあゆみ」所収)を参照されたい。
 width= width=

  伊達の桃は江戸時代から栽培され、販売されていた事実が判明

 伊達地方には古くから「桃太郎」の昔話が伝えられています。今からおよそ三百年前の江戸時代中期には語られていました。寛政4年(1792年)に刊行された熊阪台州編著『含?紀事』に「紀桃奴事」という題で収録されています。原典は全て漢文です。これはものすごく貴重な資料です。桃の生産が多い山梨県にも岡山県にもない大事な資料です。これが福島県にあるのですから、福島県民はもっともっと自慢すべきです。大変なお宝なのです。残念ながら、このことを知っている人はまだごく少数です。かなしいことです。
  

  上保原高子の桃園主青木久吉さん、昭和14年に皇室へ桃を献上

 昭和14年、当時の上保原村高子の桃農家青木久吉さんは伊達地方で初めて皇室へ桃を献上した(「高子中年同志団75年のあゆみ」)。昭和2年に上保原村果樹栽培組合が設立、昭和5年には上保原村果樹出荷組合と改称されるなど、上保原地区は林檎や桃などの果樹栽培の先進地だった。現在、桑折地区のJAがさかんに献上桃をPRしているが、青木さんのことを忘れてはならないと思う。



「伊達の桃太郎」の中の一場面


 この絵本を小さな子供さんに読んで聴かせるときは、年齢に合わせて内容をはしょって読んでください。大人の方が読まれるときは全部読んでほしいと思います。もしよろしければ、読後の感想などお聞かせいただければと思います。


桃太郎 
桃太郎 
桃太郎 
桃太郎 
桃太郎 
桃太郎 
桃太郎 


伊達の桃の歴史   土龍舎の本



 伊達地方の歴史は 《伊達の香り》へ


 お問合せ等は下記へ
     伊達の香りを楽しむ会    Eメール doryusha@yahoo.co.jp  TEL 080-3142-0993

inserted by FC2 system